鼻整形・鼻修正

鼻を小さく見せたいなら鼻翼縮小術を受けよう

笑顔の口元

鼻翼が横に広がっているので、鼻が大きく見える状態である鼻は鼻翼縮小術で改善することができます。また、鼻翼が横に広がることで鼻の穴が広がって見えるので、鼻翼の広がった鼻はあぐら鼻とも呼ばれています。鼻翼縮小術は鼻翼の一部分を切除することで、横に広がった鼻を小さくできる手術になります。
しかし、鼻翼縮小術ではだんご鼻を治すことができません。そのため、だんご鼻の状態で鼻翼縮小術を受けると、鼻の形がより悪化します。ちなみに、鼻翼縮小術には外側を切除する鼻翼外側切除と、鼻の穴の一部を切除する鼻翼内側切除があります。それらに加えて、内側と外側の両方を切除する鼻翼縮小があるので、鼻翼縮小術には3通りの治療法が存在します。
どの鼻翼縮小を行うかの判断は、鼻翼の付け根より鼻翼が外側に出ていれば鼻翼外側縮小が適しています。逆に、鼻翼の付け根よりも鼻翼が外に出ていなければ鼻翼内側縮小を選ばなければなりません。しかし、鼻翼の厚みや鼻の形や向きによって鼻翼縮小の手術を行うこともしばしばあります。
また、鼻翼の内側の切開と外側の切開とでは、手術後の鼻の仕上がりに大きな違いが出ます。そのため、鼻翼縮小術を受ける前の鼻翼の形状に対して、どの部分を切開するかどうかについての判断が重要になります。鼻翼縮小術は医者の診断能力と技術に大きく左右される鼻の手術ですが、鼻翼の広がりを抑えて鼻を小さく見せることができるようにもなります。

TOPICS

口元

だんご鼻を修正する手術とは

鼻尖形成術は、自身の耳介軟骨を鼻先に移植することにより、鼻先の丸みや大きさを整える鼻の修正術になります。また、鼻尖形成術はだんご鼻を改善する他に、鼻先の形や向きを調整することができる手術です。鼻…