鼻整形・鼻修正

鼻筋を通す方法を比較して選ぶ

微笑む女性

鼻筋を通したい、もう少し鼻を高くしたいと思っているなら、整形で簡単に新しい鼻を手に入れることができます。鼻に高さを出しつつ、形も改善するなら、ヒアルロン酸を少しずつ注射やカニューレで足していくか、医療用のシリコンプロテーゼを鼻腔から挿入することになります。ヒアルロン酸は鼻に注入するだけなので、施術時間も10分から20分以内に終わります。
ヒアルロン酸を入れる場所が少し変わるだけで整形後の鼻の形が変化するので、プチ整形と言われていても医師の経験が求められる施術です。即効性があるので、施術が終わった直後から鼻筋の高さの変化を実感できるでしょう。皮膚や関節にある成分なので、アレルギー反応もしにくい一方で、人体に吸収されやすいので持続期間は半年ほどです。
鼻整形と相性のいい硬くて吸収されにくい注入剤なら、一年近くはキープできます。プロテーゼは鼻腔を切開して入れる手術を行いますが、施術時間は30分くらいなので大掛かりなものではありません。手術跡も鼻の穴の中です。事前に患者さんの要望を聞きながらプロテーゼの加工を行うので、顔のバランスを崩さない範囲内で鼻を高くできます。メリットは持続期間が半永久的なことで、変形も変性もほとんどありません。

TOPICS

口元

だんご鼻を修正する手術とは

鼻尖形成術は、自身の耳介軟骨を鼻先に移植することにより、鼻先の丸みや大きさを整える鼻の修正術になります。また、鼻尖形成術はだんご鼻を改善する他に、鼻先の形や向きを調整することができる手術です。鼻…